モーニングアフターピルの避妊以外の目的について

モーニングアフターピルは、緊急避妊薬として広く使用されています。コンドームを使用していても途中で破れたり外れたりすれば、避妊ができなかった可能性があります。望まない妊娠をしてしまえば、男女どちらにとっても負担になりますし、特に女性にとっては精神的な負担が大きくなりますから、避妊に失敗したと感じたときはモーニングアフターピルを早めに服用するといいでしょう。モーニングアフターピルは、避妊以外の目的でも使用されることが増えています。モーニングアフターピルは、月経に関連した目的やホルモンバランスの改善、排卵を抑える目的でも使用されています。モーニングアフターピルを服用すると、子宮内膜があまり厚くなる前に月経が起こるので、出血量を少なくして、子宮の収縮を抑えることができますから、月経痛が軽くなったり、出血過多による貧血の改善に期待ができます。月経サイクルを調節することができるので、月経不順を正常に促すようにします。また、ホルモンバランスの変動を抑えることで、月経前症候群の軽減や、ニキビと多毛などを改善することもできます。そして排卵を抑えることで、排卵による卵巣の損傷を減らすことができるので、卵巣がんの予防や、卵巣嚢腫や子宮外妊娠を減少させる効果があります。このように、モーニングアフターピルは避妊以外でも女性の体にとってメリットが多数あります。産婦人科でも、モーニングアフターピルは避妊以外に、月経で悩みと持つ女性のために処方されることがあります。ただモーニングアフターピルは、薬の一種ですから、体質によっては嘔吐や頭痛を引き起こすことがありますから、服用して気になることがあればすぐに服用をやめて、専門医に相談するといいでしょう。