成功を早めるモーニングアフターピルの服用方法と性行為

モーニングアフターピルは最終手段の避妊方法になります。うまく避妊ができなかった時に、72時間以内で服用することで高い確率で妊娠を防ぐことが可能です。その確率は98%と言われており、高い確率で成功するのがモーニングアフターピルの特徴です。成功率を高まるのであれば、72時間以内と言わずに、トラブルが起きた段階で早める服用が良いでしょう。一番理想的な方法は、セックスをするのであれば、常備しておくのが一番の方法です。

モーニングアフターピルは生理を早めることで、避妊成功のサインになります。平均して10日前後に生理が来て、遅くても21日までに来ると言われています。生理が早めることで避妊になりますが、21日過ぎても来ないのであれば、残念ながら失敗したことになります。

性行為の再開はなるべく遅くても生理が来るまで待つべきです。よって21日間はセックスの再開を避けるべきでしょう。この理由としては、モーニングアフターピルの効果は、そのトラブルの段階のみであり、それ以降は保証されるものではありません。確実に避妊をしたいのであれば、トラブルが起きたセックスの避妊が完了してから、セックスを再開するようにしましょう。

避妊という問題は、女性だけが取り組むのはもう時代遅れになります。男性も協力して初めて避妊が成功します。コンドームの使用を怠らないという男性の気持ちだけで避妊は開始します。あくまでもモーニングアフターピルは、コンドームという避妊が失敗したときの最後の対策として用いるべきです。モーニングアフターピルは女性の体に負担を掛けますので、そう何度も使う方法ではありません。そのことを理解して避妊に取り組んでください。