モーニングアフターピル使用法で子宮体がん予防になる?

低用量ピルに子宮体がんや卵巣がんの可能性を低くすると言われていますので、同じピルという名称がつくモーニングアフターピルも子宮体がんや卵巣がんの可能性を低くするのかというと、そうではありません。継続的にモーニングアフターピルを服用するのであれば絶対にないとは言えませんが、モーニングアフターピルは残念ながら子宮体がんや卵巣がんの可能性を低くすることはできません。

モーニングアフターピルの使用法はあくまでも、緊急の時の避妊方法になります。要するに避妊をするためだけのピルになります。使用法として中絶するために使う女性もいるようですが、モーニングアフターピルは中絶をするための医薬品ではありません。誤った使用法をすると体に悪影響を与える可能性がありますので注意してください。

低用量ピル自体に子宮体がんや卵巣がんの発症リスクを低くする効果がありますが、その他の効果もあります。代表的なのは、生理痛症状の緩和、生理周期が安定する、そして女性ホルモンが増えることから肌荒れトラブルを改善するといった効果があります。このような効果を求めて低用量ピルを服用する女性も多いです。また低用量ピルも避妊の効果があります。モーニングアフターピルと同様の避妊効果があり、その他にも女性にとってうれしい効果がありますので、モーニングアフターピルよりも低用量ピルの方をおすすめします。

あくまでもモーニングアフターピルは、最終手段の避妊方法です。セックスのトラブルによって、生理が来るまで妊娠に悩む女性も多いですが、決められた方法で服用すれば避妊を防ぐことができます。女性自身にもあまり広まっていませんが、自分の身を守る方法がありますので積極的に利用しましょう。